early summer is coming...
fun × fun vegetable Life
early summer herbs × herbs

今月の特集: 初夏の野菜を食べよう

〜ビタミンカラーあふれる、初夏の野菜を使って簡単に栄養満点のお料理にチャレンジしてみませんか。〜
初夏の野菜は柔らかくみずみずしくそのまま生で食べられる物が多いのも魅力!鮮やかさを目で楽しむことが出来ます。

初夏の糸島野菜:「さや大根」
大根の花が咲き終わった後にできる実の部分です。生のまま食べますがシャキシャキの食感がやみつきになりそうです。もちろん大根の味や香りが広がります。初夏にはぴったりの野菜です。

 

初夏の糸島野菜:「黄色インゲン(バターインゲン)」
ほんのり甘みがあり、バターの風味がします。さっと湯がいてサラダやパスタの具材に。お勧めは素揚げしてオリーブオイルとお塩をひとつまみ。お父さん感涙(笑)のビールのおつまみになります。

 

初夏の糸島野菜:「トロベア(赤長玉葱)」「ゴールドフィンガー」
イタリアの赤タマネギ。有名な下仁田ネギのように加熱するとトロ〜リとした食感と甘みが増します。ゴールドフィンガーは絹さや。黄色と紫があります。さっと湯がいてパスタの具材として彩りになります。

 

初夏の糸島野菜:「ファーベ(イタリアインゲン)」
通常のそら豆より青臭さがなく、収穫したては生で食べられます僕はオーブンでサヤごと焼いて皮をむきオリーブオイルを垂らしてお塩をひとつまみ!ビールが止まりません(笑)この時期ビールが旨い!

 

 

春の旬の野菜 5月〜6月

5月・6月に旬を迎える野菜です 旬の時期は栄養価も高く、手に入りやすくなります。是非、お野菜売り場でご覧になって下さい。

ツルムラサキ: 蔓(つる)性の植物で葉と茎のやわらかい部分を食用とします。独特のぬめりと香りがあります。
アスパラガス: 春から初夏にかけてが一番美味しく。栄養価はグリーンの方が上で疲労回復に効果が期待できます。
インゲン: 1年に3回収穫できることから「三度豆」とも。皮膚や粘膜を健康に保つ効果が期待できます。
えだまめ: アルコールの分解を促す酵素を含んでます。たんぱく質・カルシウム・ビタミンCや葉酸も含みます。
新ショウガ: 新物は辛みが穏やかで甘酢漬けが美味しいです。茎のつけ根があざやかな紅色です。
グリーンピース: 熟す前のエンドウを収穫して取り出した種の部分がグリーンピース。豆類は食物繊維が豊富です。
新じゃが: 貯蔵されているものと違い、みずみずしく皮が薄いので皮ごと食べられます。
胡瓜: 最近はブルーム(白い粉)が人気に。濃い緑色でハリやツヤがあり、イボがピンととがっているものが新鮮です。
たまねぎ: 春タマネギはや柔らかく水分や甘みが多いので生で食べるのが一番。煮込み料理や炒めもには向きません。
キクラゲ: わさび醤油につけて刺身のように食べることができます。カリウム、鉄分、カルシウム、植物繊維が豊富です。
ズッキーニ: オリーブ油との相性がよく炒めると栄養素の吸収率が高くなります。夏風邪の予防に効果が期待できます。
オクラ: 独特のネバネバ成分には胃腸の調子を整える役割があり、夏バテ防止にも効果が期待できます。
にんにく: 粒に丸く重みを感じるものを選びましょう。殺菌、新陳代謝の促進、免疫力の向上に効果が期待できます。
しそ: 古来の「和風ハーブ」、水に茎を立てておくと日持ちます。防腐・殺菌効果、香りに精神安定効果もあります。

引用:「旬の食材カレンダ−」より

ハーブのある暮らしを楽しもう

令和の5月。糸島はもう、初夏の装いが始まりました。ハーブの圃場は可愛らしい花が咲きほこり、圃場内にとても良い香りが漂っています。花もしっかりと、それぞれの香りがあって「ハーブの花」のブーケを作ってみようと思っています。豪華なバラなどの花束も素敵ですが、素朴ですがハーブの花もとっても可憐ですよ。大事な人への日頃の贈り物にきっと喜ばれると思います。

*vegeLabo webshopでは「フレッシュハーブ」30種前後の販売を間もなく始めます。どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

ハーブはどの国でも、自生しまた品種改良されて商用にも家庭菜園でも楽しめますね。生命力も強いので手軽に自分で栽培することも可能です。日本にはシソ、ショウガ、サンショウ、ワサビ、セリ等。そして気づかないかも知れませんがタンポポやスギナ、オオバコ、シバムギもハーブの仲間なのです。欧米では料理に欠かせない各種ハーブが栽培されてますね。また最近注目を浴びている南米アマゾンの熱帯雨林には、インディオの呪術師しか知らないような薬用植物が何百種類も存在し、お隣の国中国・韓国でも古来から「医食同源」として栽培されてきました。これからの季節、ハーブの香りに癒やされながら「ティータイム」やお料理のアクセントやスパイスとしてご利用ください。ベランダのポットや小さなお庭の片隅にハーブの空間が広がるといいですね。是非、素敵な「ハーブ生活」をお楽しみください。

今回の特集では糸島(糸島近郊)で栽培されているハーブ32種を簡単にご紹介していますが、以降は各ハーブについての「レシピ」「期待できる効能」「楽しみ方」などを掲載していきます。糸島では年間を通じて、施設や露地でハーブの生育を楽しむことができます。糸島においでの際は是非、ハーブ畑にも足をお運び下さいね。

*vegeLabo webshopでは「フレッシュハーブ」30種前後の販売を間もなく始めます。どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

 

これからの季節にぴったりな香りと甘い果汁があふれ出す「ブラッドオレンジ」

冬のこたつで食べる温州ミカン、春からは果汁が多いオレンジ系の品種が出回りますね。

日本の技術で沢山の品種が栽培され、果物の少ない冬から春多くの人を楽しませてくれます。そんな中一際異彩を放つスペシャルな柑橘があります。それが「ブラッドオレンジ」です。イタリアで多く栽培され、日本でも栽培は難しいとも言われていましたが栽培技術の高い柑橘農家さんがたゆまない努力と試行錯誤を重ねて10年前位から少しづつ出回るようになりました。カットするとオレンジとは思えないような赤みが表れ、芳醇な香りが広がります。果汁も赤いところから「ブラッドオレンジ」という名前がつけられましたがあふれる甘いジューシーな果汁に二度驚きます。また柑橘特有の酸味もしっかりと味わえるので暖かくなるこれからの季節には最高の柑橘と言えます。

 

ブラッドオレンジの品種の特徴

タロッコ:イタリアのシチリア島で多く作られているオレンジです。タロッコはとても香りが良く、その匂いは他の柑橘とは全く違います。なんとも表現するのが難しいので、ぜひお召し上がりいただき、その風味を感じていただきたいです。タロッコの果肉は、オレンジ色に鮮やかな赤のグラデーションが入り、その模様は個体によって様々です。農薬の使用を極力控えている(県の基準の3分の1以下)為、擦り傷などが入ることがありますが味には全く問題ありません。

モロ:非常に赤みが強く、加工にもよく使用されます。ブラッドオレンジという、名前の由来にもなった、ブラッドオレンジの原種に一番近い品種とされており、その果肉の色はまさに血(ブラッド)のようです。生で食べるほかにも、赤みを生かしてお菓子作りやジュースにしても楽しめます。

 

ブラッドオレンジの芳醇な香りが活きている「ピール」は大人のお菓子

チョコレートにディップしても良し(オレンジはチョコレートととても相性が良いです。)細かく刻んでヨーグルトやサラダのトッピングにも合います。口に入れた途端、ブラッドオレンジの上品な香りと酸味が広がります。パウンドケーキなど、お菓子作りの材料にも活躍します。また、ワインやブランデーのおつまみにも合うと、お酒好きの方からも大人気です。25gの小袋はおやつにもぴったりの食べきりサイズ

 

 

能古島に移住し、三代に渡る柑橘農家のベテランである久保田さん

海に囲まれたちいさな島の「能古の島」、島特有の海に面した日当たりの良い場所に果樹園があります。
柑橘にとっては温暖な気候と豊かな土壌が必要です。見た目の美しさの為に病害虫から守るために農薬を多く使用するところやワックスをかけてピカピカに磨く生産者さんもいらつしゃいますが、久保田さんはそれを良しとせず、安心して食べられる美味しい柑橘作りを実現していらっしゃいます。お客差も見た目よりおいしさを重視される方が多いため、農薬の散布も極力抑え今では県の基準の三分の一以下にじつげんできたそうです。ブラッドオレンジの栽培は全国でも先駆者的な存在で他産地からの視察も絶えないそうです。

<久保田さんのHpより>

久保田農園は福岡県福岡市西区能古島で三代続く柑橘農家です。一代目・久保田勝は戦後、故郷の福岡県久留米市から福岡市西区能古島に家族で移住しました。当時は山だった場所を手作業で開墾し、野菜や果樹の栽培をスタートさせました。その頃は船の欠航も多く、せっかく作った野菜が何日も出荷できず悔しい思いをしたこともあったそうです。そんな中、柑橘は日持ちがすること、また能古島の気候・土壌にあっていることがわかり、柑橘栽培を専門にするようになりました。現在約2haの畑で20種類以上の柑橘を栽培しています。

 

 

穏やかな日当たりの中、おいしくおいしくたわわに柑橘が実ります。

「甘夏」は能古島の特産品です。樹になったまま完熟させる「樹成り」法をとっているため、通常の甘夏よりも酸味がまろやかで、甘さ、うまみも秀でています。

1月~3月は「伊予柑」、2月~3月は「文旦」

3月~5月は「ブラッドオレンジ(タロッコ・モロ種)」「不知火」

4月~6月は「甘夏」、5月~7月は「ニューサマーオレンジ」と広大な面積で柑橘類を栽培されています。

 

能古島の魅力

能古の島から望む福岡市内

能古島は博多湾の中央に浮かぶひょうたん型の小さな島です。船に乗って約10分であっという間に行くことができるので、身近な行楽地として福岡市民から愛されています。能古島は「のこのしま」と読み、戦前までは「残島」「能護嶋」などと表記されていました。周囲12キロメートル、面積3.95平方キロメートルで、人口は約700人です。

弥生時代の出土品も見つかっており、古くから人が住んでいたようです。奈良時代には防人がおかれ、万葉集にも詠まれています。久保田農園の敷地内にも「万葉歌碑」があります。

井上陽水の「能古島の片想い」に歌われたり、作家檀一雄が晩年を過ごした地としても知られています。

春は菜の花、秋はコスモスが咲き乱れ、海を背景に花畑が訪れた人々を癒やしてくれます。

皆様も福岡市内に来られた際は足を運ばれてはいかがでしょうか?

 

 

ご購入はこちら